病児病後児保育一覧【富山市編】

富山のママたちの病児病後児保育の体験談をサイトでお伝えしましたが、

病児病後児保育は「もしも」に備えて情報収集はお早めに!
「使って良かった、病児保育」利用者が語る3つの気づき。

この冬の時期は、お子さんの熱や病気が多い時期ですよね!
「仕事にどうしても穴をあけられない…」そんなときに、病児病後児保育を利用してみてはいかがでしょうか?

利用された方に聞くと、利用してみる前はハードルが高いと思っていたけど、実際利用してみると、「専門家が子どもを看てくれるので、すごく安心しました!」など良かった点があるようです。

今回はまず、富山市の病児病後児保育を特集!ぜひ参考にしてみてくださいね。

<持ち物>
診療情報提供書《かかりつけ医に記入してもらってください》
※富山市内全ての病児保育室利用の際に必要です。

保険証・福祉医療費請求書・印鑑・母子手帳・処方された薬・処方箋などが通常の保育園を預ける際と異なるかもしれません。

<利用回数>
1回につき、7日までが目安のようです。

 

~富山市 病児病後児保育一覧~

<富山市掲載情報>
富山市の病児病後児保育情報はこちら
利用は、全施設1回2,000円で、子育て応援券も使用できます。

 

詳細は、以下の通りです。

■ 県立乳児院「病児保育室」(牛島本町二丁目1-38)

電話番号:076-432-8137
平日:7:30~18:00
定員:5名(未就学児のみ)

■ わかくさ保育園「もみじの家」(町村212-8)

電話番号:076-492-6341
平日:8:00~18:00、(※土曜:8:00~12:30)
定員:4名(小3まで可能)

■ 高重記念クリニック「ラグーン」(元町二丁目3‐20)

電話番号:050-5805-1390
平日:8:30~18:00、土曜:8:30~12:00
定員:6名(空きがあれば小3まで可能)

■ じんぼ保育園「どんぐりの家」(婦中町上吉川400)

電話番号:076-469-2971
平日:8:00~18:00
対象:小3まで可能

■ 富山市まちなか総合ケアセンター「病児保育室」(総曲輪四丁目4-8)

電話番号:076-461-4801
平日:7:30~19:00 ※土・日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)は除く
対象:未就学児のみ

お迎え型病児保育事業もあり

料金:基本料金1回1律2,000円+タクシー代の1/4

保育所などで急にお子さんの体調が悪くなった時、すぐに迎えに行ってあげたくても、仕事の都合などでお迎えに行けない場合、保護者(近親者)に代わって迎えに行ってくれる事業。市の看護師と保育士がタクシーでお迎えに行き、かかりつけ医などを受診した後、センター内の病児保育室でお子さんをお預かりしてくれます。

 

<番外編>

■ 富山大学付属大学病院 たんぽぽルーム

こちらは半日1,500円、1日3,000円で、大学病院勤めの方が優先の施設です。
半日は午前は13:00まで、午後は12:30からの利用です。
食事の準備や流れも他の施設と少し異なりますので、リンクをご確認ください。

平日:8:30~18:30 ※年末年始12/29~1/3及び特に指定した場合を除く
定員:4名(感染症の疑いのお子さんの場合2名)

 

事前に予約や登録する必要があるので、まずは問合せから連絡してみては?
次回は、呉西・呉東の病児病後児保育一覧を公開します!

 

※ワーママナレッジの記事はあくまでも一例です。このやり方が必ずしもうまくいくとは限りません。ただ、先輩ママの成功事例を知ることで、手段や選択肢が増え、ワーママの悩みが少しでも早く解消されることを願っています。
The following two tabs change content below.
mamaskyハル

mamaskyハル

富山の未就学児ママのための情報サイトmamaskyスタッフ。子育て中のママにおうち仕事を委託する「ワーママジョブ」を担当。1児のママ。日本の中心部を1周して富山へUターン。富山に定着するため日々奮闘中。