引っ越しのタイミングでの同時入園!

射水市から富山市へ引っ越し。
それに伴い、兄弟揃って転園しざる得なくなったかずママ。
ちょうど年度はじめというタイミングだったので、同時入園もいけるはず!と思ったものの…!?


ママprofile
かずママさん(仮称)
富山市在住、奥田小校区。
夫と子ども2人(5歳、2歳)の4人暮らし。2017年春に射水市から富山市へ引っ越してきた正社員でフルタイム勤務するワーママさん。


年度はじめの同時入所!

射水市から富山市へ。転園しなきゃならなくなったかずママ。年度はじめなら同時入所もそんなに大変じゃないはず、と思う者の、「念のため…」と情報を集めます。

まずは市役所へ。さらには第1希望の保育園に知り合いがいたこともあり、情報はそこまで苦労することなく集められたそうです。第1希望の園の先生にも「4月入園なら、きっと大丈夫ですよ」と言われたこともあり、安心して『第1希望の園のみ』記入して申し込みます。

…が、まさかのNG。
思ってもみなかった展開に、二次選考の結果を見るものの、入園可能の保育園に駐車場がないことが分かり、断念。

”第1希望だけ”でイケる!と思い込むのは危険!

4月入園できるだろうと思っていたかずママに訪れたまさかの展開。
まさか4月に入園ができないなんて思いもしなかったので、この時は「一次選考のときから、第2希望以下も記入すればよかった…」とつくづく後悔したそうです。

悩んだ結果、まずは市役所の担当者に相談。「4月は監査があるため定員以上は受け入れられない。でも、5月になれば先生と教室の枠があれば入れる」との情報を聞き、転園の時期を5月に変更。
その後、5月には無事に転園、同時入園が決まりました。

こんなやり方あり?同時入所のテクニック

年度はじめの入園でも難しい富山市の状況に加え、同時入園という困難を乗り越えたかずママ。
そんなかずママは市役所の担当者からこんな話を聞いたそうです。

「同じ園へ転園を希望する際は、とりあえず上の子だけでも第1希望の園に入れるというやり方もあります。上の子が入れれば、下の子も転園する際に、入園優先順位の点数が高くなるので、転園しやすくなる場合もあります。同時入園の条件は避けた方がいい場合もありますよ。」
とのこと。

なるほどなるほど、と思うものの、一時的にとは言え、別々の園に通う時期があるのかと思うとベストな方法ではないなと思ったりもします。
しかし、これも1つのテクニックとして念頭に置いておくことは必要かもしれませんね。

※ワーママナレッジの記事はあくまでも一例です。このやり方が必ずしもうまくいくとは限りません。ただ、先輩ママの成功事例を知ることで、手段や選択肢が増え、ワーママの悩みが少しでも早く解消されることを願っています。
The following two tabs change content below.
mamaskyドイ

mamaskyドイ

富山の未就学児ママのための情報サイトmamaskyの代表を務めるメガネ女子。現在、小1の壁にぶち当たり中。最近のマイブームは「よもぎ蒸し」。